~MLM成功の教科書~

組織拡充する唯一の方法 STEP5

組織拡充する唯一の方法 STEP5

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

連合艦隊司令長官、山本五十六の有名な言葉です。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

MLMも同様です。

逆算して捉え、『やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』=自立する組織を構築すること。自身が全てを1つひとつ行っている段階は労働的活動です。

こんな方は要注意

❶高いプレゼンテーション力をお持ちの方

❷大勢を鼓舞するスピーチ力をお持ちの方

❸立場や地位(タイトル)が居場所になっている方

❹現場の活動が大好きで、生きがいになっている方

思い出してほしい、

あなたの目的と目標は、何だったろうか?
毎日プレゼンテーションする事だったろうか?
セミナー講師が目標だっただろうか?
タイトルを取ることが目的だっただろうか?

あなたが、その要注意❶~❹に該当している場合

早く次のステージを目指すべきである。
なぜならば、その行為が組織育成の足枷になり、
人材不足に陥る原因になります。

しかし、私の経験上、人材不足になってからアドバイスして育成を成功させた方に出会ったことがありません。しかし、スタートする前に「人材不足」の原因を理解していれば問題ありません。

MLMは別名「育成ビジネス」

これは非常に重要な項目です。

あなたの成功は、

あなたから始まる方々が成功しなけれべば、
あなたの成功はないのです。

全ての事業に該当するのは、
売上があって事業が成り立つという事です。

MLMが成り立つには売上を上げれば良いのか?

答えはYESです。
ただし、売上に種類があります。

種類は、大きく分けると4種類です。

売上の種類とは

1.新規登録(製品の購入)

2.定期購入

3.定期+追加購入(単価アップ)

4.報酬を取得する

新規登録で売上を上げ、組織拡大と報酬アップを目指す。

主催企業によっては、
登録のみ可能にしている場合がある。

消費者問題の打開策の一環であるが、

登録のみでは、
売上(報酬対象)にはならない事は覚えておこう。

言い換えれば、

残念な無駄な労力と言える。
冷静に考えれば理解できるロジックである・・・

ほとんどの主宰企業は、登録録費より製品(サービス)代金の方が高いはずだ。登録費しか払えない方が、製品代金を払えるだろうか?

答えは、ほとんどの人が払えない。

登録のみの方を100%としたら、
その後製品購入をする方は30%もいないのだ。

稼げない人は、安い方トーク、簡単な方トークに安易に流れてしまう。

MLMの強みは、
価格競争がないということ、
製品の良さをユーザーがユーザーに伝えることである。

あなたに必要な心構えは、
ビジネス進め方や情報は上から下にしか流れないという事。

まさに「上善如水」である。

安い方、簡単な方、下手なコミュニケーションを始める原因は自分にある。
原因はリーダーにあるのだ!
それを踏まえたアプローチからプレゼンテーションのトーク設定を行い、
常に組織で行われてるトーク内容を注意深く把握し、
必要に応じた修正を行う必要がある。

話しを戻そう。

ビジネススタート直後は、
やるべきことは「新規獲得」=登録+製品購入で、
高いビジネス意識を持つ組織構築を行う事。
それと、同時に製品をリピートする事。

理由は2つ。

自社製品を愛用するから伝わり、
報酬取得の条件にもなっているからである。
スタート時の登録+製品購入で継続的収入と
単発的収入の2つの道に分かれます。

スタート時に購入する製品金額ならびに購入金額に応じた報酬権利の付与。
これが落とし穴になる事ある。登録時ならびに報酬権利獲得の価格設定が、毎月購入が厳しい場合がある。この場合、持続可能な組織の成長の足枷になる。MLMの組織構成を理解していれば一目瞭然である。

MLMは組織構成=自身の報酬である。愛用者が多くなると収入も比例し、継続的安定収入になるのである。ビジネスメンバーも、愛用者も大切であることに変わりない。

定期購入と追加購入で客単価アップを実践して、組織の安定化を目指す。

継続的収入を構築する為に、定期購入に上乗せした製品購入は見逃せない項目です。理想は、ビジネススタート時から客単価を上げる行動することだが、スタート時は流通網を構築することが最重要である。決して単発の高額設定で楽な報酬獲得に流されないことである。

STEP 5カテゴリの最新記事